借地権とは

最近、一戸建てを購入したいと考える人の中で借地権物件が注目されるようになりました。
建物の敷地となる土地の権利には、所有権と借地権というものがあります。
一般的に戸建てを建てるとなると、土地を所有してその土地に家を建てます。
借地権というのは、土地の所有者がいて、その人に毎月地代を支払ってその土地を所有することです。
一見、家を借りるのと同じように見えますが、少し意味合いが異なります。
借地権物件というのは、第三者の土地を借りてその土地に自己所有の建物を建てることが可能な物件です。
そのため、土地は他の人のものですが、その上にある建物は自分の所有物となり、建て替えやリフォーム、修理といったことが自分の判断で自由に行うことができるのです。

家は自分の城という言い方もされるので、せっかくなら家も土地も自分のものが良いと思う人も多くいるものです。
しかし、借地権は賃貸物件とは異なり建物は自分の所有物になります。
そして、物件の費用についても購入するよりも安く済みますし、多くの物件が半永久的な賃貸契約を結ぶことが多いのでほとんど戸建て物件を購入するのと同じ状態をリーズナブルに行うことができるのです。
このように借地権にもメリットがあるため注目されるようになっているのです。
しかし、人の土地を借りている物件であるため良いところばかりではありません。
そこで、ここでは借地権の物件を利用する際に気をつけるべきポイントについて紹介をしていきます。